転職者が語る 異業種からの転職

専門性を持って、最後までやり遂げる仕事に

パートナー 安岡 喜大

Yoshihiro Yasuoka

ソリューション事業部 部長
税理士

税理士を志そうとした理由は何ですか?

一般的な転職時の考え方だと思いますが、新卒で入社した保険会社で定年まで仕事を続けることに目標を持てなくなったと言いますか、別の目標を探していたというか……、漠然としていますが、そのように心が揺れ動くなかで税理士という職に目標を見つけました。
確かに、新卒で入った会社で勤め続けて、役職や仕事のスケールが上がって行けば、そこにやりがいを覚える面もあるかも知れません。ですが、私の場合はそこにやりがいを感じることができませんでした。
そして、一度きりの人生なので、専門性を持って、最後まで仕事がやり遂げられればいいなと思い、税理士を目指しました。

なってみて、あらためて思う税理士の魅力とは?

なってみて、あらためて思う税理士の魅力とは?

想像していた通りですね。お客様である企業のオーナーの近くで仕事ができるということが、大きな魅力だと思います。最近は、事業承継の案件が多く、よりオーナーの身近な存在としてサポートしていくことができています。
経験豊富なオーナーから事業承継の悩みの相談を受け、私のアドバイスに耳を傾けてくれる。とてもありがたいと感じると同時に、責任を持って対応しなくては、といったプレッシャーも高まります。
現在の仕事は、顧問会社の税務申告や月次決算のお手伝いから事業承継のコンサルティングなど、顧問先の業種や規模もさまざまで、オーナー個人の相続税申告や所得税も含め税理士が関われる業務のほとんどを担当しています。

今後、ソリューション事業部をどのように展開したいと考えていますか?

今後、ソリューション事業部をどのように展開したいと考えていますか?

組織として少しずつですが、しっかりとしてきたと思いますので、今後も事業部メンバーの個々のレベルをもっと高め、組織を成長させて行きたいと考えています。私自身も次のメンバーに、この組織をうまく引き継いでいけるようにしなくては、と考えています。

05転職者が語る 他のメンバー