仕事を語る ホールセール

同じ方向を向いて同じ目線で事業戦略を達成

宇田川 隆

Takashi Udagawa

アドバイザリー本部長
税理士

ホールセール業務とはどのような仕事でしょうか

ホールセールは、大口取引と置き換えられます。
法人顧客に対する役務提供が多いですが、超富裕層といわれる個人顧客に対する大型の役務提供もあります。
我々アドバイザリー部では、ホールセール業務を役務提供範囲とし、M&A・組織再編・資本戦略等各種コンサルティングを行っています。
たとえば、企業がその成長戦略上、M&Aや組織再編といった選択肢をとる場合において、M&Aであれば一連のアドバイザリー業務の他、デューデリジェンスやバリュエーション業務も含めてサポートし、組織再編でいえば、そのストラクチャーの立案・構築・実行までを総合的にサポートしていきます。

そのホールセール業務には、どのような「魅力」や「やりがい」を感じますか?

そのホールセール業務には、どのような「魅力」や「やりがい」を感じますか?

企業の成長をサポートするといったようなM&Aやファイナンスのような資本戦略分野において、同じ方向を向いて同じ目線で事業戦略を達成していくというクライアントとの一体感にやりがいを感じます。一方で、当然企業も本気ですから要求水準は高く、それに応えていく中で自然と自分自身も早いスピードで成長していけるのも一つの魅力ではないでしょうか。
また、新聞紙上に載るような案件や著名な企業からの案件もあり、社会的にも経済的にも影響力のある仕事に携われるのもやりがいの一つだと思っています。その分責任が大きいのも事実ですが、面白いと思える仕事だと思っています。

ホールセール業務にどのような将来展望を抱いていますか?

ホールセール業務にどのような将来展望を抱いていますか?

ホールセール業務は、税務・会計の知識はもちろん絶対的に必要ですが、それだけでなく、その業界の知識やビジネスモデル、経営者の気持ちなど本質的なところまで踏み込んで理解していかなければ本当に満足できるサービスは提供できないと思っています。
そのためにも、自身の専門分野だけにとらわれない、向上心と好奇心を持った仲間とともに、企業への幅広いサポートを思考しています。税理士・会計士という枠にとらわれない業務に取り組んでいきたいですね。
まずは、ホールセール業務で、アジアNO.1の会計事務所系メンバーファームとして存在できるよう取り組んでいます。

01仕事を語る 他のメンバー