仕事を語る 医療

医療は重要なインフラ、地域や社会への貢献を実感

寺尾 絵里

Eri Terao

医療事業部 マネージャー
税理士

医療コンサルティングとはどのような仕事でしょうか?

医療機関を経営するお客様の経営サポートが、主な仕事になります。具体的には、税務顧問や申告業務です。
また医療経営を次世代や第三者へ引き継いでいくための医療承継のコンサルティングや、「個人経営から法人経営へ」、「一般の医療法人から公的な医療法人へ」といった組織変更のコンサルティングなどの対応も行っています。
医療機関の経営と併せて介護や福祉の分野の事業を営むお客様もいらっしゃいますので、仕事の守備範囲は多岐に渡ります。
最近は、医療承継が大きな課題です。世代交代の時期にさしかかっている医療機関の経営者の方が増えていることや、新しい優遇税制ができていることもあり、皆様の関心が高まっているのを感じています。
医療承継のなかでも、ご親族以外の第三者への承継も増えており、そういった対応へのアドバイスも重要な仕事の一つです。

そのような医療コンサルティングの「魅力」や「やりがい」とは?

そのような医療コンサルティングの「魅力」や「やりがい」とは?

地域や社会に貢献できることに、魅力とやりがいを感じています。
医療機関は地域医療を支える重要なインフラであり、良い医療機関を存続させることは、地域や社会にとって最大の命題ですが、医療を取り巻く環境には多くの課題があり、経営に悩みを抱えている先生も多くいらっしゃいます。

そんな先生の悩みや不安を取り除き、先生が安心して診療に取り組むためのお手伝いができたときは、やりがいを感じる瞬間でもあり、その先にいる地域の患者様に貢献できていると感じる瞬間でもあります。

将来的には医療コンサルティングはどのような方向に向かうとお考えですか?

将来的には医療コンサルティングはどのような方向に向かうとお考えですか?

医療機関を取り巻く環境は、年々厳しくなっており、医療機関の経営も今後難しくなることが予想されます。医療機関を経営されている先生は、診療だけでなく経営のことも考えなければならず、二足のわらじで大変苦労されています。
そのため、私たち税理士に対して、税務だけではなく様々な経営の課題に対して、近い距離間で相談することを期待されるお客様が今後今まで以上に増えていくと考えています。
医療事業部として、そのような期待に応えるためには、税務会計はもちろん、医療制度や経営、行政の動きなど、幅広い知識と経験が求められます。通常税理士に求められるスキルにプラスして、様々な最新の情報をキャッチアップし続けることが必要になり、苦労もありますが、自己成長を望む方には、最適な環境だと思います。前向きに向上心をもって業務に取り組む仲間が増えてほしいですね。

01仕事を語る 他のメンバー