VOICE

メンバーの声

アカウンティング職 
M&A・事業承継コンサル

髙杉 優人 髙杉 優人
お客様への理解を深め、
ニーズに即した提案を。
髙杉 優人Yuto Takasugi
M&Aコーポレートアドバイザリー部
シニアスタッフ 2017年入社
  • Q1
    M&A・事業承継コンサル業務のやりがい、魅力を教えてください。
    企業経営において非常に重要な事業承継という局面で、お客様が抱える課題に沿った情報提供を行い、お客様とともに考え解決していくことにやりがいを感じます。事業承継とは、端的に言えば、経営する会社を後継者に引き継ぐことです。「次の社長を誰にするか?」「会社の株式を誰に持たせるか?」「事業承継のタイミングをいつにするか?」など様々な検討を重ねる必要があり、課題も多く生じます。
    また、事業承継は、お客様だけでなく日本経済にとっても重要な事象・課題であり、年々変化する事業環境や税制に沿った適切なコンサルティングが求められます。そういったなかで、お客様に合った最適なプランを検討・実行していくことは付加価値が高く、この業務の大きな魅力です。
  • インタビュー インタビュー
    Q2
    仕事で大切にしていることは何ですか?
    お客様のニーズをしっかりと汲みとることです。お客様が重要視していること、抱える課題や不安などは、お客様ごとに異なります。そのため、類似した業務内容であっても、全く同じという業務はなく、お客様のニーズに則したコンサルティングが必要だと考えます。そうしたなかで、お客様に寄り添うためには、税務・会計の知識のみならず、お客様の属性や事業内容について確認を行い、理解を深める努力が必要です。自分の思い込みで話を進めないよう、お客様の立場で考えることが良い提案につながると考えています。
  • Q3
    仕事と勉強の両立のポイントを教えてください。
    テキストや実務書を読むだけでは、なかなか理解が進まない場合でも、担当する業務を通じて会計や税法を整理すると、知識として定着しやすいと感じています。日々の業務において、条文の確認や書籍の確認はつきものですが、先輩方から教えてもらう場合も多々あります。ただ、教えてもらっただけでは、知識として定着しづらいので、自分の目できちんと根拠を確認する癖をつけることが、仕事と勉強を両立するポイントですね。
    インタビュー インタビュー
  • Q4
    入社してよかったことは何ですか?
    山田&パートナーズは総合型税理士法人という規模の大きな組織であり、関与できる案件の量・種類が多く、研修制度も充実しているなど、個人の成長という観点でとても良いと思います。
    私は、人事制度の一つである部門間交流制度を利用して、入社して2年目から4年目までの約2年間、所属する部署とは別の部署(地方事務所)で業務経験を積むことができました。この経験で、新しい知識・経験の獲得ができたことはもちろんですが、何よりも、所属する部署とは別に人脈を形成できたことが非常によかったです。こういった経験は、山田&パートナーズならではだと思います。
1日のスケジュール 1日のスケジュール
8:00
自習 在宅勤務日。始業までの間、税理士試験や対応中の業務に関する勉強をします。
9:10
上司とのミーティング オンラインでの打合せ。対応中の案件について、方針を確認したり、アドバイスをもらったりします。
10:00
株価算定業務 対象会社の株式の評価業務を行います。その後、評価結果を報告書に見やすく分かりやすくまとめます。
12:00
昼休み 在宅勤務なので自宅でゆっくり休憩。午後の業務に向けて英気を養います。
13:00
提案書作成 お客様へのヒアリング事項の整理や株価の試算を行います。それらの結果を基に提案書を作成します。
16:00
上司とのミーティング 上司による提案書のチェック。在宅勤務でもこまめに相談するようにしています。
18:00
業務終了 翌日の業務の整理やメールチェックなどを済ませてから業務を終了します。
1日のスケジュール1 1日のスケジュール1 1日のスケジュール2 1日のスケジュール2