職場環境を語る

お客様から頼られ、愛される税理士に

佐々木 希絵

Kie Sasaki

法人部
税理士

ご自身の業務内容と、日々気を付けていることはありますか?

所属部門である「法人部」では一般の事業会社に限らず、医療法人や公益法人などの特殊法人対応業務を行っています。所属部門名は「法人部」ですが、所得税確定申告、相続税申告、事業承継コンサルティングといった個人対応業務もありますね。
顧問業務の一つに、年を通じての会計・税務のアドバイス、決算書・税務申告書の作成及び報告があります。このような通年の業務は既に信頼関係が築けているお客様との仕事なので、とてもスムーズに進みます。
一方、紹介等で初めてお会いするお客様は一から関係を築く必要があるため、対応にも一層気を使います。お客様の不安や悩みを十分に聞き、その上でお客様に理解していただけるように話をする必要があるため、事前準備が欠かせません。

仕事の魅力と、それを支える研修制度について教えてください。

仕事の魅力と、それを支える研修制度について教えてください。

私が感じる魅力は「区切りがある」ことですね。決算・申告、コンサルティングなどの業務が一区切りしたとき、お客様も私も「よかった」と感じる瞬間があり、そのときに喜びを感じます。
私は大学院卒業後、社会人未経験で山田&パートナーズに入社しましたが、マナー研修や新人研修があったおかげで、お客様との対応などにも困ることはありませんでした。マナー研修では電話応対や文章の書き方などのビジネスマナーを身に付けることができ、新人研修では税法の基礎知識だけでなく、実務上の取り扱いまで学ぶことができたので、未経験でも安心して業務に取り組むことができました。
新人向けの研修の他にもマネージャーを中心とした事例発表があります。事例を基に一歩踏み込んだ議論やパートナーからのアドバイスがあり、「間接経験」が得られるという意味でとても有益な場です。

どのような税理士をめざしていますか?

どのような税理士をめざしていますか?

入社前から特定の分野に偏ることなく、広い範囲をカバーできる税理士になりたいという目標があり、就職活動期間中に総合型税理士法人を掲げている山田&パートナーズを知って入社しました。実際に入社してみて、山田&パートナーズには、部門間交流やビジネス開発研修など、総合力を身に付けるための様々な制度が整っていると感じました。こういった制度を活かし、お客様から頼られ、愛される税理士になりたいです。

06職場環境を語る 他のメンバー