VOICE

メンバーの声

税理士
医療

佐々木 未生 佐々木 未生
医療機関の方々の不安を、
少しでも取り除くために。
佐々木 未生Mibu Sasaki
法人部・医療事業部
スタッフリーダー 2013年入社
  • Q1
    山田&パートナーズに入社した理由は何ですか?
    以前は小規模の会計事務所にアルバイトとして勤務していました。2年ほど勤め、もっと幅広い業務を経験してみたいという気持ちが芽生え、総合型税理士法人である山田&パートナーズに興味を持ちました。入社の決め手となったのは、就職説明会に参加した際に聞いた、三宅統括のお話です。山田&パートナーズの強みと弱みについて話すなかで、良い点だけでなく、弱い点も隠さずに伝えてくれることに、きっと誠実な会社なんだろうな、と思いました。入社して約8年になりますが、第一印象そのままの会社だと感じています。
    また、採用面接時の面接官の人柄に惹かれたことも、志望した理由の一つです。現に今、尊敬できる上司や信頼できる同僚がたくさんいて、人間関係に恵まれているので、入社して本当によかったです。
  • インタビュー インタビュー
    Q2
    医療業務とはどのような仕事ですか?
    医療機関や介護福祉施設を経営されているお客様に対して、税務顧問業務やコンサルティング業務を行っています。具体的な内容は、毎月の月次報告や決算時の申告業務、行政対応のサポートです。また、組織変更を検討されているお客様に対して、個人経営の医療機関が医療法人を設立するためのコンサルティング、公的な医療法人への移行コンサルティングなども行っています。
    現在、多くの医療機関が世代交代の時期に差し掛かっており、承継に関する課題を抱えています。その課題に対する医業承継コンサルティングも行い、円滑に承継できるようサポートしています。税務や会計面だけでなく、医療法や行政対応支援を含めた様々な悩みを解決するのが、医療業務です。
  • Q3
    医療業務のやりがい、魅力を教えてください。
    お客様の不安を取り除くことができたときに、やりがいを感じます。コロナ禍である今般、医療に携わっている方々は、検査やワクチン接種対応などで非常に苦労されています。地域社会にとって、なくてはならない存在である医療機関の方々の支えに、少しでもなれたらと思いながら、日々業務に励んでいます。経営に関する悩み、承継に関する悩みに対し、全力でお手伝いすることが私たちにできることです。また、医療機関を経営するお客様を支えることは、その先にいる患者様を支えることでもあります。そういった地域社会への貢献も、この業務の魅力だと思います。
    インタビュー インタビュー
  • Q4
    あなたが思い描く理想を教えてください。
    困ったときに真っ先に頭に浮かぶ相談相手でありたいです。そのために大事にしているのは、目の前のことをおろそかにせず、細かい作業でも一つひとつ着実に行っていくことです。例えば、お客様との面談時に、お客様がふと口にした些細な悩みや不安を聞き流さずにキャッチし、提案に活かすように心がけています。そのような小さなことの積み重ねが、結果としてお客様からの信頼獲得につながるのではないかと思っています。
    また、周りの上司・同僚・後輩への感謝の気持ちを忘れないことも重要です。自分の力だけでなく、周囲の支えがあって成長できていることを忘れないようにしています。
1日のスケジュール 1日のスケジュール
8:00
始業前 在宅勤務日の朝はいつもよりゆっくりできるので、始業前にストレッチをして体を動かします。
9:00
顧問先の月次チェック 細かい数字を確認する作業です。オフィスにいるときと同様に、一つひとつ丁寧にチェックします。
11:00
後輩の作業チェック 顧問先へ提出する月次試算表のチェックや行政への提出書類のチェックなどを行います。
12:00
昼休み 家で昼食を済ませたら、残りの休憩時間で近所を散歩。午後の業務までリフレッシュします。
13:00
案件ミーティング 案件ミーティングをWebで実施。画面を共有しながら上司に相談できるので、スムーズに説明できます。
16:00
調べもの お客様からの質問事項について検討します。一人の静かな環境のため、調べものも捗ります。
18:00
業務終了 今週行うべき事項を整理し、頭をリセット。在宅勤務で時間に余裕があるため、料理をします。
1日のスケジュール1 1日のスケジュール1 1日のスケジュール2 1日のスケジュール2