転職者が語る 同業種からの転職

向上心のある人の集まり、成長できる環境です

緒方 加奈子

Kanako Ogata

アドバイザリー部 マネージャー
税理士

税理士法人といっても、事務所による違いは大きいものですか?

私は職員20名ほどの税理士法人で、約1年間働いてから山田&パートナーズに入社しました。前職の税理士法人は、小さな事務所からスタートして、中小企業の顧問先件数を増やし成長してきた法人でした。相続など幅広い仕事をしたいという私の意向に所長も理解を示してくださっていましたが、業務内容はやはり中小企業の記帳代行や申告書の作成がメインでした。
一方、山田&パートナーズは規模も大きく、総合型の税理士法人ですので、案件の数も多く、幅広い業務に携わることができる点に魅力を感じ転職しました。山田&パートナーズには、様々な経歴の人がいますが、向上心のある人の集まりなので、専門家としての税務の議論もできます。仕事の厳しさを共有できる関係は、自分自身の成長にもつながります。

転職にあたっては、どんなことを重視しましたか?

転職にあたっては、どんなことを重視しましたか?

一言でいえば成長できる環境を求めていたということだと思います。
前職での仕事の内容や今後の働き方について悩んでいた頃、山田&パートナーズ共催の女性税理士セミナーに参加しました。山田&パートナーズで働く女性税理士の方と直接お話しできる時間があり、その中で「税理士試験の勉強、結婚や子育てとの両立で悩む方が多いけれど、そうした不確定な要素が多いことを心配して可能性を狭めて職場を選ぶのではなく、どのような仕事がしたいのかという思いを大事にして、やりたい仕事がある職場を選択すべき」というアドバイスがありました。その言葉を聞いて私のそれまでの迷いは消えました。
税理士として、女性として、仕事に何を求めるのかは人それぞれだと思いますが、私はどんな案件にも対応できる税理士になりたい、お客様が困ったときに顔が浮かぶような、何でも相談できる税理士になりたいという自分の気持ちを素直に考えた結果、自分が最も成長できる職場への転職を決意しました。

現在の仕事内容と、転職について悩んでいる人へのアドバイスをお願いします。

現在の仕事内容と、転職について悩んでいる人へのアドバイスをお願いします。

入社から2年半は相続税申告、相続対策・所得対策コンサルティングなどの業務に携わり、主に個人のお客様を担当していました。業務を行う中で相続関連業務の経験と前職での法人対応業務の経験をともに活かし、“法人オーナー向けに個人法人両面からのサポートがしたい” “社長の一番身近な相談相手になりたい”という思いに至り、配置転換希望「希望と志」の制度を利用し法人向け業務を主要業務とするアドバイザリー部に異動しました。現在はオーナーの相続・事業承継から資本政策・経営改善など多岐に渡るご相談に対し総合的なコンサルティングを行っています。
希望する業務や税理士として目指す姿は変化することもあります。私はこの「希望と志」制度があったことで、社内での部門異動という形で希望する業務に携わることができました。働く一人ひとりの夢や理想を応援してくれる山田&パートナーズに入社してよかったと思っています。
新しい業務に携わるときは知識を習得するなど事前準備が欠かせませんが、常に新鮮な気持ちになれるのが嬉しいですね。そういうめまぐるしいほどの楽しさは、山田&パートナーズに入っていなければ得られなかったことです。
また、週2回、大手金融機関への出向も1年間経験しました。出向先では、相続・事業承継などの案件について税務面におけるサポートをするのが主な仕事でした。他の税理士法人では経験できない仕事のチャンスが山田&パートナーズにはたくさんあります。また、入社年次や年齢に関係なく、本人にやる気と責任感があればチャンスを与えるという風土があります。実務の中でも日々勉強が必要になりますが、自分の成長を感じられることに喜びを感じています。
転職について悩んでいる方がいたら、私が女性税理士セミナーでかけられた言葉を同じようにアドバイスしてあげたいと思います。

05転職者が語る 他のメンバー