公認会計士が語る 公認会計士の強みを活かす

誰にも負けない自分の得意分野を作る

中村 貴之

Takayuki Nakamura

高松事務所 所長
公認会計士・税理士

山田&パートナーズに入社することになったきっかけを教えてください。

私は大学で文学部におり、公認会計士という職業は就職活動中に知りました。会計の専門家として社会の役に立てることに魅力を感じ、一念発起して公認会計士を目指すことにしました。とはいえ、簿記の知識もなかったため、大学卒業後3年間専門学校で勉強し、山田&パートナーズへ入所しました。
一般的に、公認会計士試験に合格した方は監査法人に就職することが多いと思いますが、自分のキャリアを考えた場合、財務諸表をチェックする仕事よりも、お客様の悩みを一緒に解決する仕事の方が向いていると思いました。
山田&パートナーズでは事業承継、M&A、財務デューデリジェンス、バリュエーション、相続税申告等幅広い業務が経験できること、また、お客様が抱える様々な悩みを解決できること、それに加えこれまで会計士試験で学んだ知識を活かすことができると考え入所を志望しました。

入社後に携わった業務で印象に残ったものがあれば教えてください。

入社後に携わった業務で印象に残ったものがあれば教えてください。

入社1年目の、市の外郭団体統廃合業務です。この案件で初めて窓口として対応しました。市の職員、銀行、議会、株主といった関係者が多い中、合併の手続きを説明したり、会計・税務・シナジー効果を検証したり、様々な資料を作成したりしながら、お客様のところを走り回り、約3年という期間をかけて合併業務を行いました。
振り返ってみると、入社1年目からお客様が自分よりも年上の、かつ、各分野において専門性を有している方ばかりの中でこのような大きな案件に関わることができたことは、とても貴重な経験でした。
案件を自己完結できたことは、専門家としての成長だけでなく人間性を高めることができたと思います。

公認会計士が山田&パートナーズで活躍する秘訣は何だと思いますか。

公認会計士が山田&パートナーズで活躍する秘訣は何だと思いますか。

誰にも負けない自分の得意分野を作ることだと思います。山田&パートナーズでは相続税申告、相続コンサルティング、事業承継、医療、国際など幅広い業務を提供していますが、意思を持って手を挙げれば更に新しいことにチャレンジできる組織風土がある事務所です。入社後配属された部門に関わらず、本人のやる気次第で自分が活躍するフィールドを作り出すことも可能です。
私は高松事務所に所属していますが、最初の入所は大阪事務所でした。高松事務所を開設するにあたり大阪事務所や京都事務所や神戸事務所のメンバーは協力して一緒に業務に取り組んでいます。
各事務所のメンバーと業務や懇親会を通じて親睦を深める機会もあります。
高松、大阪、京都、神戸事務所は若いメンバーが多く、成長意欲がすごく高いです。
皆さんもそんなメンバーと一緒に日々切磋琢磨しながら、公認会計士としての強みを活かして成長していきましょう。

03公認会計士が語る 他のメンバー