仕事と勉強の両立を語る 税理士志望アルバイト

アルバイトで身につけた基礎力が今の私の財産です

草野 綾香

Ayaka Kusano

プライベートアドバイザリー部

アルバイト時代の仕事の内容や感じたことを教えてください。

大学3年の時に簿記論と財務諸表論に合格し、「今、自分が勉強している事がどのように実務に活かされるのか知りたい」と思い、会計事務所でアルバイトを始めました。
山田&パートナーズを選んだのは、「総合型税理士法人」で、どの部署に配属されても偏りなく様々な業務を経験できると思ったためです。
アルバイトを始めた時期がちょうど確定申告時期で、所得税を勉強したことがない私はとても不安でしたが、「頼まれた仕事は正確に行う」ということを入社当初から意識し、先輩から指示を受けて分からないことがあればすぐに確認したり、こまめにメモを取ったりすることで、同じことを繰り返し質問しないように心がけました。先輩は、私に新しい業務の指示をするときに、いつもその作業が全体の業務のどういう位置づけのものなのか、どうしてその作業が必要になるのかなどを丁寧に教えてくれました。資料のコピーや作成、会計データの入力など部分的な作業が多かったのですが、先輩の丁寧な指導のお陰で全体像を把握しやすく、正社員になり全体作業を任されたときにスムーズに取り組むことができました。
実際働いてみて、受験勉強と実務の違いを特に感じたことは、会計データの入力です。税理士試験の問題では仕訳をきるときに必要な情報が全てまとめられていますが、実務ではたくさんの請求書や領収書、通帳などから数字を拾わなければならないので、最初は資料を読み解くのに時間がかかりました。
また、法人税と消費税の勉強をしていたので、申告書の作成をしてみたい、と上司に志願したところ携わることができました。その年に消費税に合格できたのは、実務と理論の両方から学んだことによる相乗効果だと思っています。

アルバイトから正社員になってギャップを感じましたか?

電話している草野さん

アルバイトのときから積極的に様々な業務に携わっていたので、正社員になったからといって大きく業務内容が変わったと感じることはありませんでした。常にワンランク上の業務に取り組みたいという気持ちを持ち続けています。
受験勉強と仕事の両立に辛くなった時期に、先輩から「今やっている業務は決して無駄にならず、正社員になったときにきっと自分の力になって戻ってくるよ」と言われたことがとても心に残っています。当時は、その言葉の意味をすぐに理解することができませんでしたが、正社員になってすぐに任された財産規模の大きな相続税申告案件を完了できたときに理解することができました。相続税は勉強したことがなかったので、申告書を作り上げていく過程でわからないことが多々ありましたが、先輩、上司のサポートやアルバイト期間中の基礎業務の積み上げ、新人研修での知識の底上げのお陰で無事に完了することができました。特に先輩が私の作業のフィードバックをするときに、間違えた箇所の答えを直接正すのではなく、正解までの考え方を一緒にアプローチしてくれたので、別の案件にも応用することができました。私が先輩や上司から教えてもらったことを、今度は後輩に伝えていきたいです。

リクルート活動について教えてください。

草野さん

山田&パートナーズには、役職関係なく全員が参加する委員会活動があります。
私はリクルート委員会に所属しており、採用ホームページや公式SNS(Facebook、Instagram)の更新の取りまとめを担当しています。通常の業務と並行して委員会活動を行うので大変なときもありますが、年次に関係なく意見を出し合い、事務所全体の業務に取り組むのは、山田&パートナーズならではの取り組みでありとても魅力的だと感じています。
特に、入社した新人メンバーから、「SNSを見て事務所の雰囲気を感じることができた」、「入社前の不安を解消できた」という声を聴くことが更新の原動力になります。
求職者の目線に立って、入社前の不安を解消したり、疑問に答えたりするような情報発信に日々努めています。
東京本部だけでなく、地方事務所や海外事務所も定期的に記事を更新していますので、是非一度ご覧ください!

04仕事と勉強の両立を語る 他のメンバー