女性税理士が語る 職場の配慮、理解

いつでも相談できる環境と、それを受け入れてくれる組織風土

岩谷 晴美

Harumi Iwatani

法人部 マネージャー
税理士

山田&パートナーズに入社を決めた理由を教えてください。

私は大学の専攻や前職が会計税務とは関係があったわけではなく、また出産育児をしながらの受験だったため、就職活動は暗中模索といった状況でした。
そんな時たまたま山田&パートナーズの会社説明会に参加しました。印象は「他の事務所と少し違う」でした。普通、会社説明会というと事業内容や会社の強みについての説明がメインだと思います。山田&パートナーズでは、説明会前半はこの業界の過去・現在・未来の話、後半は山田&パートナーズの良い所、悪い所の話でした。業界を知った上で自分はどうしたいかをよく考えてほしいとエールを送っていただき、私たち説明会に来た人に本当に良い就職をしてもらいたいと思ってくだっている気持ちが伝わりました。そして説明会後の懇親会で実際にメンバーと話してみて、組織風土として温かさや誠実さが根付いているのを感じ、入社を決めました。

入社して、育児と仕事を両立していく自信はありましたか?

入社して、育児と仕事を両立していく自信はありましたか?

私は初めての育児の中での会計税務の実務経験もない入社だったため、自信の有無以前で、ある意味真っ白な気持ちで入社しました。育児と仕事の両立は思った以上に大変でしたね。子供に合わせたら仕事が回らないし、仕事を優先すれば家庭が崩壊しそうになり、いつの間にか疲労が溜まってしまい、入社してから半年位で持病のアトピーが急激に悪化しました。周りが応援してくれているのに、うまくいかないもどかしさと自分の無力さを痛感してストレスが溜まっていくのです。
それでも辞めずにやってこられたのは、上司や先輩が見守って手を差し伸べてくれ、そして目をつむってくれた(笑)からです。
家庭では夫が家事・育児を分担し、陰で支えてくれます。夫の会社がフレックスタイム制で、時間の融通が利くところも大きかったです。大変な時に返事一つで駆けつけてくれる母親も心強い味方です。今でも育児や家事の時間がもっと必要だと思いますし、仕事でももっと頑張らなきゃ、と家庭と仕事の狭間で揺れ動く毎日です。そんな生活を5年続けて思うことは、1つは自分の無力さや自分に対する甘えから目をそらさないこと。たとえば「時間がないからできない」のではなく、「自分が効率よくできないから」と認識すること。ただ自己反省ばかりだと自分を追い込んでしまいますので、そんな時は「ママ!」と頼りにしてくれる子ども、自分を信じて託してくれるお客様、自分を支えてくれる方々の姿を思い出すことです。2つ目は安易に人と比較しないこと。人は比較して切磋琢磨する生き物だと思いますが、出来ないことに焦りや不安を感じても仕方がありません。そんな時はこの生活を続けて自分は何を得たいのかというゴールをよく考えることです。家庭と仕事で揺れ動く「働くママ」にはブレた時に修正してくれる目標イメージが必要だと思います。

時短制度について、どう感じていますか?

時短制度について、どう感じていますか?

私は毎朝6時前に起き、子どもを7時に起こし、8時に登校させています。その時間には私も出勤しますので、子どもを早めに送り出すか、夫に登校を見届けてもらいます。こういう時、夫の職場のフレックスタイム制に感謝ですね。学童保育のお迎えは夫と当番制で、私が迎えに行くときは時短制度を利用し17時半に退社、19時には子どもを迎えに行きます。終業が17時45分ですから、15分だけの短縮ですが、余裕をもって子どもと接するため15分でも早く帰りたいというのが本音です。
時短制度は多くの会社が導入しており、子育て中のママにはなくてはならない制度です。先程、山田&パートナーズには温かい組織風土があると言いましたが、時短制度に関してもその精神があると感じています。
様々な家庭の局面で悩んだときにいつでも相談できる環境があること、それを受け入れてくれる組織風土があることは非常に大きいと思います。

今はこのような毎日ですが、「これしかできない」というのは嫌な性分ですので、将来は色々な税務の悩みについてアドバイスできる税理士になっていきたいですね。

02女性税理士が語る 他のメンバー